トップタウン ~まちが面白い~ > 歴史的建造物

高田世界館

 明治44年(1911年)、旧高田市本町6丁目(現地)に芝居小屋「高田座」として開業。
数年後、映画館に転身して以降、映画100年の営みを現在にそのまま伝える日本最古の現役映画館です。
時代を感じるレトロな空間に、今では重要文化財以外ほとんど見ることが出来ないような木組みの天井が圧巻のホールと、昔のままの映写室が見どころ。映画上映がフイルムからデジタル映像に移行し、全国からフイルム映写機が消えていった現在でも、フイルム上映という近代技術遺産を継承すべく、年数回のフイルム上映会も開催しています。また、上映技術継承の為に、上映講習会や、映写室の見学も行っています。
国の登録有形文化財や近代化産業遺産にも登録され、映画関係者の注目度も高い全国でも貴重な映画文化遺産です。
※詳細は「上越観光ナビ」をご覧ください。
 http://joetsukankonavi.jp/spot.php?id=205