トップタウン ~まちが面白い~ > 歴史的建造物

旧金津憲太郎桶店

 旧今井染物屋は、約150年前の江戸時代に建てられた高田を代表する町家建築であり、高田に現存している最古の町家建築の一つです。
建物の特徴としては、棟が低く、屋根の傾斜が緩やかなところが江戸時代の町家の形態をよく表しており、雁木の形式は、古い形式の「造り込み式」となっています。
建築当初の形態をよく残している建物で、染物屋だった頃の様子がわかる貴重な建物とされています。
※詳細は「上越観光ナビ」をご覧ください。
 http://joetsukankonavi.jp/spot.php?id=201