トップタウン > 日本一の「雁木通り」

日本一の「雁木通り」

総延長は16km。日本一の雁木通り

雁木は、おもに冬季の通路を確保するために家屋の一部やひさしなどを延長したもので、豪雪地の生活の知恵といえます。
各家の所有者が、家の前の私有地に、私費で雁木を作るという、地域の人々の思いやりの心とやさしさが溢れた公共の通路が雁木通りです。雁木は雪国の厳しい冬季間の暮らしを、助け合って生きていこうとする相互扶助の精神のシンボルでもあり、高田のまちの誇りの一つなのです。
新潟県上越市内に現存する雁木の総延長は16kmに及び、日本一となっています。映画「ふみ子の海」のロケ地としても使われました。
雁木通りがある本町6丁目周辺には、町家を活用した施設(町家交流館高田小町、瞽女ミュージアム高田等)や歴史的建造物(旧今井染物屋、高田世界館等)が点在しており、お店や事業所になる町家の物件も多数ございます。ぜひ一度、お立ち寄りください。

【写真】風鈴街道 in 雁木

【写真】風鈴街道 in 雁木

【写真】冬景色の雁木通り

【写真】冬景色の雁木通り