トップレジャー > レジャー・スポーツ

レジャー・スポーツ

高田エリア

上越市BMX場

BMX(バイシクルモトクロス)は、1970年代の初頭にアメリカ西海岸を中心に生まれたスポーツです。
専用自転車で、大小の異なるこぶや、バームと呼ばれるコーナーなど、数々の障害物が設けられたコースを走ります。
高度なテクニック、バランス感覚、他のライダーとの駆け引きなどが要求され、気力・体力・知力など青少年の心身の発達にも適しています。
また、上越市BMX場は、世界屈指のコースで、国際大会が開催可能です。毎年、全日本クラスの大会が開催され多くの来場者を魅了しています。
詳細はこちらをご覧ください

金谷山公園

金谷山は、明治44年(1911年)、オーストリア・ハンガリー帝国(当時)の軍人、テオドール・フォン・レルヒ少佐によって、日本にはじめてスキー術が伝えられた「日本スキー発祥の地」であるスキー場です。「大日本スキー発祥之地」記念碑、日本スキー発祥記念館のほか、レルヒ少佐の銅像が高だかとそびえ、多くのスキーヤーに親しまれています。毎年、2月上旬頃に、レルヒ少佐の功績を顕彰する「レルヒ祭」を、この金谷山スキー場内で行っています。
また、山頂からの眺望も良く、高田平野の彼方には秀峰米山、はるか遠い日本海の波間には夢の佐渡ヶ島を望むことができます。冬のスキーはもちろん、春から秋のハイキング、BMXコース、そしてスーパーボブスレーと四季を通じて、子供から大人まで広く親しまれています。 
詳細はこちらをご覧ください

春日山エリア

リージョンプラザ上越

リージョンプラザ上越は、市民の健康と体力の増進をはかるため、また、さまざまなレクリエーション活動、芸術・文化活動ができる施設として昭和59年に開館しました。
当館は、施設を中心としてコミュニケーションを深め、老若男女を問わず誰もが自由に利用できるように、様々な機能を持つ施設を1か所に集めて建てられています。スポーツ競技などが実施できるインドアスタジアムやスケートリンク、 プール、コンサートホール、会議室などがあります。また、隣接して上越科学館があります。「人間の科学」と「雪の科学」をテーマとした常設展示の他、サイエンスショー、実験・工作教室、特別展などを実施しています。
詳細はこちらをご覧ください

直江津エリア

五智公園

自然豊かな五智公園は、野鳥・植物観察におすすめです。
公園内に植えられている約700本の八重桜は、4月下旬~5月上旬が見ごろです。
また、交通公園ではゴーカートや遊具遊びも楽しめます。
詳細はこちらをご覧ください

上越市海洋フィッシングセンター

日本海に張り出した全長185mの桟橋の上から、安全で快適な海釣りが楽しめます。また、自然の岩場を利用したサンビーチでは磯遊びもできるので、子ども連れのご家族にもお勧めです。
詳細はこちらをご覧ください

なおえつ海水浴場

日本海側では珍しい遠浅の海と広い砂浜をもち、浜茶屋の後ろには1,000台余り収容可能の広い駐車場があります。
水質の良さが評判を呼び、長野県はもちろん、遠くは関東方面からも海水浴客が訪れます。
市立水族博物館はここから歩いて5分。
「もう一つの海」として好評で、散歩がてら是非お立ち寄りください
詳細はこちらをご覧ください

船見公園

船見公園は豊かな砂浜復活と、より親しみの持てる海岸空間の創出を目的とした事業の一環で整備された新潟県の施設です。
潮風に吹かれながら海辺の散策をお楽しみください。夏は隣接する砂浜で水遊びができます。
詳細はこちらをご覧ください

西部エリア

たにはま海水浴場

長い海岸線、水質の良い海として、日本海側でも有名な海水浴場。
晴れた日には、はるか佐渡ヶ島から三階節で知られる米山までが望め、日本海に沈む夕日の雄大な絶景が楽しめます。
長野県をはじめ、遠く関東方面からも海の香りを求めて訪れる毎年多くの海水浴客が訪れ、小中学校の臨海学校などにもよく利用されています。
詳細はこちらをご覧ください

たにはま公園

たにはま公園は、「自然や地域と「共生」し、豊かな自然が「循環」することの大切さ」を基本的方針として整備した公園です。「海の見える丘」からの日本海は絶景です。
多目的広場には、市内最大の大型複合遊具、小型複合遊具、ロープウェイ、ブランコ、シーソー、スプリング遊具や「バーベキューエリア」が設置されています。
また、無料で利用できる県内最大級の「ドッグラン」もあります。
詳細はこちらをご覧ください

南葉高原キャンプ場

南葉高原キャンプ場は、久比岐県立自然公園の名峰としてそびえる、標高949メートルの南葉山中腹に位置し、南葉山頂を背に、市街地や日本海が一望でき、新緑から紅葉まで季節の移り変わりの美しさが実感できます。
キャンプ場は、4月29日から11月3日まで営業しています。テントサイトや宿泊もできる山小屋風バンガロー、南葉山荘のほか、食堂・売店がある南葉ロッジがあります。
さらに、遊具広場、野外卓などがあり、キャンプを楽しむ人達のほか、ハイカーや家族連れなどに憩いの場として利用されています。
詳細はこちらをご覧ください

うみてらす名立

うみてらす名立は、「食べる・くつろぐ・遊ぶ」がテーマの「道の駅」で、大浴場、レストラン、鮮魚売場、ホテルなどがあり、目の前に迫る日本海の眺めと、おいしい海の幸を満喫しながら、家族みんなで楽しく過ごせる施設です。
大人気のプールは7~8月の営業で、室内プールはウォータースライダーがあり、中庭には隣の日本海から引き込んだ海水のプールがあります。
日帰り温浴施設の「ゆらら」には、日本海を望む「展望露天風呂」や高温サウナ、水風呂、近隣一番の強さ誇るジェットバスなど各種の湯殿があり、お風呂好きにはこたえられないラインアップです。
館内の飲食店では漁港が隣という立地ならではの新鮮な海の幸中心の美味しいものをご用意しています。
詳細はこちらをご覧ください

シーサイドパーク名立

子どもからおとなまで楽しめるビッグボブスレーやローラースライダーが人気。眼下には日本海が広がり、能登半島や佐渡まで一望できます。ほかにも林間遊歩道や芝生公園、アスレチックなどが整備されています。
営業日は、4月下旬から10月下旬までの土曜・日曜・祝日です。
詳細はこちらをご覧ください

妙高サンシャインランド

24種のアトラクションがあり、大人から小さなお子様まで楽しめる遊園地です。
大観覧車やバルーンタワーから見わたす眺望は絶景です。
また併設の妙高サンシャインホテルの宿泊パックもあり、ご家族皆様でゆっくりのんびりお過ごしいただけます。温泉大浴場からの眺めも大好評です。
詳細はこちらをご覧ください

松ヶ峯

松ヶ峯周辺に約1,500本の桜が植栽されており、新潟景勝百選に選ばれています。
開花期間中には、一部ライトアップも行われます。
農業用ため池として松ヶ峯池(昭和35年完成の人工池)を作ったときに、周辺に桜が植樹されました。その後、松ヶ峯の観光開発やゴルフ場のオープンに伴い、徐々に桜の本数が増えていきました。
写真愛好家の撮影スポットでもあります。
詳細はこちらをご覧ください

南部エリア

光ヶ原高原

~360度の大パノラマ。大自然と親しむ休日~
長野県との県境、黒倉山麓に広がる光ヶ原高原は、標高800m~1,100mに位置し、頸城平野を眼下に望むロケーションは格別です。
天気の良い日は、遠く佐渡、能登半島を望むことができ、日本海に沈む夕日や上越の夜景も楽しむことができます。空気が澄み渡った日には、北アルプス槍ヶ岳が見えます。
高原内には、映画「突入せよ!あさま山荘事件」のロケ地となった場所を記念として「難局打開の鉄球」モニュメントが設置されています。
詳細はこちらをご覧ください

坊ヶ池湖畔公園

坊ヶ池は、標高約500メートルの小高い山の頂にあり、龍神伝説の池として有名です。名前の由来は、伝説にある池に住む龍神の子どもである「坊太郎」からきているといわれています。 
坊ヶ池の規模は、満水面積で約12ヘクタール、湖周囲は約1.7キロメートル、水量約210万トン、最大水深33メートルと県内の自然湖では一番の深さです。古来より、ため池として下流の田畑を潤してきた命の湖で、平成22年には、「全国ため池百選」に選ばれました。
詳細はこちらをご覧ください

信越トレイル(板倉区)

新潟・長野の県境に位置する標高1,000m前後の関田山脈のほぼ尾根上に延びる全長80kmにおよぶ国内でも稀なロングトレイルです。
ブナ林に育まれた自然豊かなこの山脈は、かつて信濃と越後を結ぶ交通の要所として16もの峠が存在し、越後からは塩や海産物が、信濃からは内山和紙や菜種油が運ばれました。戦国時代には上杉謙信が川中島の合戦の際に何万もの兵を連れて峠越えをしたとも言われています。
上越市板倉区の関田峠(標高1,116m)からトレッキングができ、食堂や簡易宿泊施設、キャンプサイトを備えるビジターセンター「グリーンパル光原荘」からは、アプローチトレイルを利用してアクセスできます。
詳細はこちらをご覧ください

信越トレイル(清里区)

新潟・長野の県境に位置する標高1,000m前後の関田山脈のほぼ尾根上に延びる全長80kmにおよぶ国内でも稀なロングトレイルです。
ブナ林に育まれた自然豊かなこの山脈は、かつて信濃と越後を結ぶ交通の要所として16もの峠が存在し、越後からは塩や海産物が、信濃からは内山和紙や菜種油が運ばれました。戦国時代には上杉謙信が川中島の合戦の際に何万もの兵を連れて峠越えをしたとも言われています。
上越市清里区の菅平または滝ノ脇から、アプローチトレイルを経てトレッキングができます。
詳細はこちらをご覧ください

鵜の浜海水浴場

鵜の浜海水浴場は、広い砂浜と水質Aランクのきれいな水が自慢の海水浴場です。
温泉のあるリゾートビーチとして人気が高く、県内外から多くの海水浴客で賑わいます。
晴れた日、日本海に沈む夕日を背景に見る人魚像はまさに絶景です。
平成27年、「恋人の聖地」に認定されました。
詳細はこちらをご覧ください

大池いこいの森

新潟県景勝100選にも選ばれた、自然豊かなアクティブエリア。ジョギングやサイクリング、キャンプなどが楽しめます。
体を動かしたり、散策したり、心行くまで頸城の自然を満喫してください。
詳細はこちらをご覧ください

大池いこいの森ビジターセンター

大池いこいの森内にあるビジターセンターは、レクリエーションや体験学習など野外活動の拠点に最適です。
一階には農業資料館があり、研修施設としての設備も整っているほか、宿泊も可能です。
詳細はこちらをご覧ください

大潟シーサイドアスレチック

大池憩いの森内のキャンプ場の隣にあるこのアスレチック場は、子どもも大人も一緒に汗を流せるものになっており、アウトドアに訪れた人はもちろん、海水浴、温泉時の散策がてらにと、気軽に楽しめます。
詳細はこちらをご覧ください

鵜の浜人魚館

お風呂は天然温泉の大浴場と露天風呂、日替りでサウナ、薬草湯がご利用いただけます。
温水プールは、25mプール、幼児プール、ウォータースライダーをはじめ、打たせ湯、寝湯、気泡風呂など充実した設備があり、大人から子供までゆっくりと楽しめます。
美しい夕日が日本海に沈む雄大なロケーションを眺めながら入るプールと温泉は心も体もリフレッシュさせ、人魚館でのひとときをより思い出深いものとしてくれます。
詳細はこちらをご覧ください

柿崎中央海水浴場

~日本海の風に吹かれて~
延長1,000m(海水浴管理区域200m)の海岸。
少し大きめの砂粒は体に残りにくく、浜辺から望む夕日はとても美しいと評判で、透明度抜群の海水と綺麗な砂浜が自慢の海水浴場です。
浜茶屋や公衆用トイレ、シャワー室、更衣室などの設備も整っています。
詳細はこちらをご覧ください

新潟県立大潟水と森公園

大潟水と森公園は、春はサクラ、夏はアジサイ、秋にはモミジなどの紅葉が四季を華やかに彩り、山野草やチョウ、トンボ、野鳥などを散策することもできる公園です。
また、噴水がある大きな芝生広場は子供たちに大人気です。
ご家族やご友人とゆったりとした時間を過ごしたり、毎日の散歩やジョギングなどにも最適です。
観察会やイベントなども多数開催しております。ぜひとも大潟水と森公園をご利用ください。
詳細はこちらをご覧ください

マリンホテルハマナス

~日本海をわしづかみする天空の温泉~
東に霊峰米山、西に日本海、南に妙高、北に佐渡。ことに水平線の向こうに沈む夕日は、雄々しさと繊細さが相まって、四季折々それは見事な眺めです。 「マリンホテル ハマナス」は、そんな景色を見下ろす波打ち際の丘陵にたたずむ、温泉自慢の宿泊施設です。日本海の織り成す自然の情景を一望できる展望風呂。美しい夕日と共に、また、青く澄んだ水平線を眺めながら温泉に浸かるという贅沢を叶えます。 源泉はナトリウム塩化物泉で、文字通りの塩辛いお湯。弱アルカリ性でお肌に良く温熱効果に優れ、神経痛や関節痛から冷え性、慢性婦人病まで広く効能があるとされています。 温泉につかりながら、また美味しい 日本海の幸を召し上がりながら、美しい風景で心身のリフレッシュはいかがですか。 初夏の浜辺にはハマナスも咲き乱れます。
詳細はこちらをご覧ください

米山

優雅な山容から「越後富士」と呼ばれる霊峰米山。上越市と柏崎市の境に位置し、民謡「三階節」や三河(愛知県)の鳳来寺薬師、日向(宮崎県)の法華嶽薬師と並んで日本三薬師の一つとして知られる標高993mの山です。
米山とはその名が示すように、泰澄大師の弟子・沙弥が海を渡る強欲な船主から米俵を五輪山(今の米山)に向けて飛ばしたという伝説に由来します。また、古来より、日本海を航行する船の目印とされておりました。米山山頂からふもとへ約5kmほど下ったところにある密蔵院護摩堂は、米山薬師の別当寺で、和銅5年(西暦712年)泰澄大師が開いたと伝えられています。緑あふれる護摩堂は、文化14年(西暦1817年)に再建されたものですが壁面彫刻の美しさは上越地方随一といわれています。山頂までは約1時間のコースと約2時間のコースがあり、老若男女を問わず家族連れで気軽に登れる山です。日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間〜北前船寄港地・船主集落〜」の構成文化財の一つに登録されています。
詳細はこちらをご覧ください

スカイトピア遊ランド

~尾神岳のふもと 大自然とくつろぎの宿~
スカイスポーツが盛んな尾神岳のふもとに位置し、入浴、食事、宿泊、各種体験ができる宿泊施設です。
尾神岳には、パラグライダー発着場、パノラマハウスをはじめ、全長670mのスポーツスライド、キャンプ場、遊歩道などがあり、大自然に囲まれた静かな環境で、ご家族揃って楽しむことができます。
また、ちまき作りや田植え・炭焼き等の農林業体験など、様々な体験プログラムがお楽しみいただけます。
詳細はこちらをご覧ください

信越トレイル(安塚区)

新潟・長野の県境に位置する標高1,000m前後の関田山脈のほぼ尾根上に延びる全長80kmにおよぶ国内でも稀なロングトレイルです。
ブナ林に育まれた自然豊かなこの山脈は、かつて信濃と越後を結ぶ交通の要所として16もの峠が存在し、越後からは塩や海産物が、信濃からは内山和紙や菜種油が運ばれました。
戦国時代には上杉謙信が川中島の合戦の際に何万もの兵を連れて峠越えをしたとも言われています。
上越市安塚区の伏野峠(標高1,030m)からトレッキングができます。
詳細はこちらをご覧ください

上越リゾートセンターくるみ家族園

くるみ家族園は、クリーンセンターの廃熱を利用した温浴施設です。施設内には、大きなお風呂・サウナのほか、健康保険適用の接骨院を備えています。屋外には、ゲートボール場や日本庭園などがあり、健康づくりやくつろぎの場として、ご家族やグループで気軽にご利用いただけます。
詳細はこちらをご覧ください

信越トレイル(大島区)

新潟・長野の県境に位置する標高1,000m前後の関田山脈のほぼ尾根上に延びる全長80kmにおよぶ国内でも稀なロングトレイルです。
ブナ林に育まれた自然豊かなこの山脈は、かつて信濃と越後を結ぶ交通の要所として16もの峠が存在し、越後からは塩や海産物が、信濃からは内山和紙や菜種油が運ばれました。
戦国時代には上杉謙信が川中島の合戦の際に何万もの兵を連れて峠越えをしたとも言われています。
上越市大島区の野々海峠(標高1,100m)からトレッキングができます。
詳細はこちらをご覧ください

信越トレイル(牧区)

新潟・長野の県境に位置する標高1,000m前後の関田山脈のほぼ尾根上に延びる全長80kmにおよぶ国内でも稀なロングトレイルです。
ブナ林に育まれた自然豊かなこの山脈は、かつて信濃と越後を結ぶ交通の要所として16もの峠が存在し、越後からは塩や海産物が、信濃からは内山和紙や菜種油が運ばれました。
戦国時代には上杉謙信が川中島の合戦の際に何万もの兵を連れて峠越えをしたとも言われています。
上越市牧区の牧峠(標高970m)からトレッキングができます。
詳細はこちらをご覧ください

霧ケ岳

浦川原区の最高峰の霧ケ岳(標高507m)は小谷島登山口と霧ケ岳温泉「ゆあみ」登山口の2コースがあります。
小谷島登山口からは約95分、ゆあみ登山口からは約115分で登頂できます。山頂からは頸城三山(妙高山・火打山・焼山)や日本海を眺望できます。
春の新緑から冬の雪におおわれた姿など四季折々の美しい姿を見せてくれます。
下山後は、ぜひ温泉につかってゆったりくつろいでください。
詳細はこちらをご覧ください

菖蒲高原

菖蒲高原はコテージ10棟が整備され、春から秋まで季節の移り変わりとともに自然を楽しむことが出来ます。春は山菜取り、6月から7月には麓の集落でホタル見学、7月上旬に菖蒲の花の群生、一年を通じて天気の良い日には日本海が一望できます。秋になると一面のススキ原となり爽やかな風が吹き抜けます。コテージは調理器具・食器が完備されていて自炊に対応しています。バーベキュー用具も炭付で貸出されていますのでご利用ください。一部コテージは犬と泊まれる設定もあり、ドックランも整備されています。
家族連れ、気の合う仲間同士、PTA,子供会、合宿、アウトドアなどのご利用をお待ちしています。コテージは直前予約でも対応可能な場合がありますので申し込みください。
詳細はこちらをご覧ください

伏兵キャンプ場

高台からの眺望がすばらしいキャンプ場です。
天気の良い日は頸城平野から妙高方面が眺望できます。
トイレ棟、炊事棟完備
詳細はこちらをご覧ください

雪だるま高原キューピットバレイスキー場

菱ヶ岳のふもとに平成2年にオープン。夏はアウトドアスポーツ、冬はスキー場として人気が高いスポットです。ゴンドラ山頂から最長4,000mのコースは、北斜面で雪質も抜群です。ゲレンデにはスノーパークやキッズガーデンも充実し、初心者からベテラン、ファミリーまで安心して楽しむことができます。また、センターハウスは夏に雪冷房による涼風を体感することができます。
隣接するゆきだるま温泉は、菱ヶ岳から湧き出る天然温泉です。男女とも100人が入浴できる大浴場や露天風呂があり、四季折々の菱ヶ岳を眺めながら、ゆったりと過ごせます。
雪だるま高原内では自然に囲まれた心休まる宿泊施設もご用意しています。カナダ製木材を使用したログハウス「キューピットビレッジ」、源泉かけ流しの温泉宿「久比岐野」のほか、夏にはキャンプ場もご利用いただけます。
詳細はこちらをご覧ください