トップ移住創業者、街なか居住者のブログ > 【町家の家づくり】わが家の建具〜扉編〜

移住創業者、街なか居住者のブログ

【町家の家づくり】わが家の建具〜扉編〜

2019.07.16

こんにちは!
高田の雁木町家に暮らす主婦、吉田です。

わが家の幼稚園児、ありがたいことに園で毎日たくさんの工作を楽しんで、ダイナミックな作品の数々をお土産に帰ってきます。

そうなると困るのは保管場所。

もうボロボロになってしまったチラシの魔法のつえなど、こっそりとゴミ箱に運ぶのですが、さすが大先生、ご自分の作品がなくなるとよく気がつく。

「おかーちゃーん、魔法のつえ知らないー?」というのを、

「んー?知らないよー」

なんて返したりして。

そうなると、矛先向かうは当然わが家のおとうちゃん。

「おとうちゃんだなー!もお!おとうちゃんめー!ぐちゃぐちゃのお手紙あげちゃうんだからねー!」
と、父にプンスコ怒る娘に、そ知らぬ顔するワタクシ…。

うちのおとうちゃん、いつも濡れ衣かけられてます。

***


購入時のわが家、何度かリフォームの手が加えられており、扉などは「あ〜昭和だな〜」という雰囲気のものも。
今回はその昭和感満載の扉を活かしたお話です。

わが家のリノベーション、建具の方針は既存のものを使う、新しいものは購入しない、でした。
というか、他に優先して予算を使わねばならないところがたくさんあったので、ここは予算削減ポイントでした。

具体的な箇所は、一階と二階の各トイレ、子供部屋の三枚。
もうボロボロの扉たち。

この町家にどうやったら馴染むか、かなり悩みました。

悩んだすえ、三枚の扉たちは「色」で遊ぶことにしました。
とはいうものの、塗料についても全くの初心者であったわれわれ。

工務店社長の紹介で、高田にほど近い場所にある、内藤塗料さんという塗料屋さんに相談にいってきました。

明治10年創業だそうですが、社長の塗料への愛と知識がすごいです。
一見ぶっきらぼうな(失礼)社長さんなんですが、まったくお金にならんようなわれわれに、惜しみなく塗料のことを教えてくれました。

上越って、男性も女性もそういう気持ちの良い方、多いように思います。

内藤社長が日本塗料工業会の色見本帳を貸してくれたので、その中から色を選ぶことに。

二階子供部屋は引き戸なのですが、気分がパッと明るくなるような明るい薄水色にし、ガラスもすりガラスではなくシンプルにクリアガラスに変更しました。

Before1

Before2

After

一階トイレは水回り(洗面、風呂場)に近い場所にあったので、まわりと馴染む少し落ち着いたミントグリーンに。明かり小窓もなくしました。

Before

After

二階トイレは、家族しか主に使わないので、思い切って自分の好きな色で、あたたかみのある色に。

Before

After

引き戸取っ手・ドアノブはアクセントですべてアンティーク風の真鍮に。
これで町家のレトロさとうまく馴染んだように思います。


上越の建築家の方がわが家の見学に来られた時に、「この家はとてもハッピーな家だね。」とおっしゃられたことがありました。

まさにそう!

襖に障子に欄間と並んで、カラフルなこの扉たちの色合いは一見チグハグのようにみえますが、静と動でうまくバランスをとって、家に「楽しさ」をプラスしてくれています。

長く住むことを考えると、ついシンプルさや飽きのこない無難な「白」を求めてしまいます。
ですが、たとえば扉などは材質によっては塗料で塗り直しもできる箇所です。

住む本人たちがハッピーになれる。
思い切って遊びを取り入れるのもまた楽しいものですよ。


***

少し前のことになってしまいましたが、7月7日の七夕の日のこと。
みなさんは短冊にお願いごと書かれましたか?
今年は日曜だったこともあり、高田界隈もイベントで盛り上がっていました。

わが家は高田世界館さんの七夕縁日にお邪魔してきました。

ヨーヨー釣りや輪投げ、水中コイン落としなど、出店者のみなさんの、こどもたちを楽しませようとするマジッぷりがすごい。
今年初めての開催でしたが、手作り感あふれるアットホームな縁日ですごくよかったです。
これ、ぜひ来年以降も続けてほしい!

高田世界館の支配人さんと奥さま。
見ているコチラが恥ずかしくなるほどのラブラブさが伝わってきますね。
ひゅ〜ひゅ〜。

帰りすがら、本町商店街のお菓子屋さん、かのこさんで娘がこんなお菓子を見つけました。

本町商店街には和菓子屋さんがたくさんありますが、夏の涼菓はじまっています。
みなさんもお気に入りの夏の甘味、ぜひ本町商店街に見つけにきてください。

このページをシェアする
上越教育大学 准教授 吉田 昌幸さんご一家

上越教育大学 准教授 吉田 昌幸さんご一家

吉田昌幸→青森県南津軽郡藤崎町出身。
吉田恵理→北海道札幌市出身。
2009年4月より上越市に移り住む。
町家に魅せられ、2016年に高田の築75年の雁木町家を購入。リノベーションし、2017年より住み始める。
娘2人の父と母。